夢が詰まってるわ、沖縄って

8ヵ月の娘と妻と、本島に初めて行ってきました。沖縄旅行よかった。

ホテル(ルネッサンスリゾート)も食事も最高だったし、何より人間がよかった。

夢が詰まってるわ、沖縄って。

沖縄に来たかったんです!とホテルに就職した岐阜の子。
目が輝いてた。凄く活き活きしてた。

娘が記念すべき第一号の客になった託児所の方は、元ダイビングのインストラクター。ご夫婦共に本土出身で、今は可愛い息子さんと三人で、素敵なお家で沖縄に根を張ってらっしゃる。

沖縄にはきっと、全てを受け入れる懐の深さがあるんだと思う。

戦争の傷跡も南国特有の突然のスコールも受け入れて、前だけ見て楽しく暮らしていく。

なんくるないさ~

どこか、アイヌ人やアメリカ先住民と似通っている。

正しい生き方なんてもはや無いのかもしれないが、人間ってこう生きていくのがいいんだよと、優しく教えてもらった様な気がする。

沖縄の根底にあるのは、現代文明の特徴である、広がっていこう、発展していこうという考え方でない。

受け入れよう、在るものでやっていこうという、先史文明の名残りではないだろうか。

たかだか百年二百年ばかりの文化では到底行きつけない、人間の本質を理解し尽くした考え方だと思う。

だから、魂の琴線に触れて皆を魅了して止まないのだと思う。